ぎっくり腰がなかなか改善せずお困りの方へ

f:id:balanceya:20170601200006j:plain

ぎっくり腰が長引くのはなぜ?

腰を痛めて歩くのも苦労するくらいの状態でも、普通は1週間くらいすれば、痛みも消えて普通の生活に戻れます。

ところが、ひどい痛みはなくなっても、鈍痛が何ヶ月も続いていてなかなか痛みが引かない場合があります。

ぎっくり腰は、普通腰の筋肉、筋膜などの微小な損傷によるものとされています。

こういった腰痛は、筋・筋膜性腰痛と呼ばれています。

筋肉、筋膜などの損傷は、数日から長くても数週間くらいでほぼ修復されます。

ですから、筋肉、筋膜などの損傷が修復されれば、痛みが引くはずです。

でも、何ヶ月も鈍痛が続いている時や足の痛み、しびれが伴う場合は、他の原因で腰痛の症状が出ていると考えられます。

一般的には、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、脊柱管狭窄症などの骨の異常が原因だとされることもあります。

でも私は、骨の異常は関係してないと考えています。

私が原因だと思っているのは、内臓からの影響です。

筋肉は、内臓と関連があるため、内臓の働きが落ちてくると、筋肉が影響を受けて、緊張が強くなり腰の痛みにつながります。

当院にも、ぎっくり腰をやって他の整体の施術を受けるも、鈍痛がなかなか取れなくて困っている人が来られます。

施術を受けても痛みが解消しないのは、筋肉を調整したり、背骨、骨盤の調整を中心にして施術をしたからでしょう。

内臓が関連する腰痛は、筋肉の調整、骨格の矯正する施術では改善は難しいです。

そのような場合は、東洋医学でよく言われる“気”の調整をしていけば、改善しやすくなります。

“気”は、内臓の機能と関連があるため、“気”の調整をすると、内臓機能が高まります。

その結果、内臓と関連のある腰の筋肉の緊張の強い状態が緩和され、腰の痛みが良くなるわけです。

重いものを持つと腰痛(ぎっくり腰)になる? 

重い物を持つと腰の筋肉に負担がかかって腰を痛めるということが常識になっています。

本当にそうなのでしょうか?

私も20代の頃、ひどいぎっくり腰になったことがあります。

でも、動けないくらいのひどい腰痛はその時の1回だけでその後腰痛に苦しんだということはありません。

商品管理の仕事で割と重い物(重くても20kg程度)を持つ機会多かったので、それが原因で腰を痛めたとその時は思っていました。

でも今は、腰を痛めたのは重い物を持つ回数が多いから腰に負担がかかるからというよりも、他の原因で腰を痛めたのではないかと考えています。

もし他の人が言うように、腰の筋肉に負担がかかって腰を痛めるとしたら矛盾が生じます。

と言うのは、重い物を持っても腰を痛める時と傷めない時があるからです。

ですから、この理屈は無理があるのです。

重い物を持つから腰を痛めるのではなく、腰の痛みは内臓が関連していると思います。

腰を痛めるのは内臓の調子が落ちている時で、腰の筋肉がその影響を受けて緊張が強くなっていて、たまたま重い物を持った時にギクッとくるわけです。

ちなみに重い物を持つだけでなく、くしゃみをしてもギクッとくることがあります。

くしゃみでギクッとくるのも、内臓の関連で起こるわけです。