重いものを持つと腰痛(ぎっくり腰)になる?

f:id:balanceya:20170601200006j:plain

 

重い物を持つと腰の筋肉に負担がかかって腰を痛めるということが常識になっています。

本当にそうなのでしょうか?

 

私も20代の頃、ひどいぎっくり腰になったことがあります。

でも、動けないくらいのひどい腰痛はその時の1回だけでその後腰痛に苦しんだということはありません。

商品管理の仕事で割と重い物(重くても20kg程度)を持つ機会多かったので、それが原因で腰を痛めたとその時は思っていました。

でも今は、腰を痛めたのは重い物を持つ回数が多いから腰に負担がかかるからというよりも、他の原因で腰を痛めたのではないかと考えています。

 

もし他の人が言うように、腰の筋肉に負担がかかって腰を痛めるとしたら矛盾が生じます。

と言うのは、重い物を持っても腰を痛める時と傷めない時があるからです。

ですから、この理屈は無理があるのです。

 

重い物を持つから腰を痛めるのではなく、腰の痛みは内臓が関連していると思います。

腰を痛めるのは内臓の調子が落ちている時で、腰の筋肉がその影響を受けて緊張が強くなっていて、たまたま重い物を持った時にギクッとくるわけです。

 

ちなみに重い物を持つだけでなく、くしゃみをしてもギクッとくることがあります。

くしゃみでギクッとくるのも、内臓の関連で起こるわけです。

 

 

斉藤施療院
電話0574‐65‐4279
施術料金
初回 4500円
2回目以降 3500円
施術時間
9:00~12:00
14:00~21:00
定休日 水曜日
住所 岐阜県可児市今496-7