長引くぎっくり腰の原因は?

f:id:balanceya:20170424202245j:plain

 

腰を痛めて歩くのも苦労するくらいの状態でも、普通は1週間くらいすれば、痛みも消えて普通の生活に戻れます。

 

ところが、ひどい痛みはなくなっても、鈍痛が何ヶ月も続いていてなかなか痛みが引かない場合があります。

ぎっくり腰は、普通腰の筋肉、筋膜などの微小な損傷によるものとされています。

こういった腰痛は、筋・筋膜性腰痛と呼ばれています。

筋肉、筋膜などの損傷は、数日から長くても数週間くらいでほぼ修復されます。

ですから、筋肉、筋膜などの損傷が修復されれば、痛みが引くはずです。

 

でも、何ヶ月も鈍痛が続いている場合は、他の原因で腰痛の症状が出ていると考えられます。

他の原因とは、内臓からの影響です。

筋肉は、内臓と関連があるため、内臓の働きが落ちてくると、筋肉が影響を受けて、過緊張し、腰の痛みにつながります。

 

当院にも、ぎっくり腰をやって他の整体の施術を受けるも、鈍痛がなかなか取れなくて困っている人が来られます。

施術を受けても痛みが解消しないのは、筋肉をほぐしたり、背骨、骨盤の調整を中心にして施術をしたからでしょう。

内臓が関連する腰痛は、そのような施術では改善は難しいです。

そのような場合は、東洋医学でよく言われる“気”の調整をしていけば、改善しやすくなります。

 

営業案内

 

斉藤施療院


電話:
0574‐65‐4279

施術料金

初回 4500円

2回目以降 3500円

施術時間 

9:00~12:00

14:00~21:00

定休日 水曜日

住所 岐阜県可児市今496-7