読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院では原因が不明とされる腰痛が多い

f:id:balanceya:20170427000629j:plain

 

整形外科へ腰痛で受診する人は多いですが、腰痛の原因がはっきりとしている人は少ないそうです。

腰痛の人の実に80~85%が原因が不明だということです。

整形外科の場合、基本的にMRI、CTなどの検査機器を使った検査が主で、画像診断の結果なにも異常が見られなければ、たとえ腰の激痛があっても「異常ありません」ということになってしまいます。

腰の激痛で「異常ありません」はおかしいですが、画像になにも写っていなければ、痛み止めの注射を打つか鎮痛剤を出すしか手はありません。

 

病院では、異常なしとされますが、腰痛のほとんどは筋肉の問題です。

MRI、CTなどの画像では筋肉の異常は写りませんので、ある意味しかたがないでしょう。

筋肉の問題がほとんどですから、筋肉に対して働きかければ、腰痛の症状に変化が出ます。

と言っても、痛みのある腰の部分をほぐしても、腰痛は解消しにくいです。

なぜなら、痛みのある腰には原因がないからです。

 

では、なにが原因しているのでしょうか?

内臓が関連しています。

内臓が関連していると言っても、「はあっ?」という顔をされることが多いです。

でも、腰痛のほとんどは内臓が関連しています。

腰痛は、筋肉の問題なのですが、勝手に筋肉は痛みを出しません。

筋肉が内臓の影響を受けて腰痛になっているわけです。

ですから、内臓の働きが落ちているのを活性化するような調整を行えば、腰痛も改善に向かいます。

 

営業案内

 

斉藤施療院


電話:
0574‐65‐4279

施術料金

初回 4500円

2回目以降 3500円

施術時間 

9:00~12:00

14:00~21:00

定休日 水曜日

住所 岐阜県可児市今496-7