慢性化した肩こりは骨・関節に対する施術では改善しにくい

f:id:balanceya:20180323174929j:plain

 

はじめまして。整体院「斉藤施療院」の斉藤です。

最近は、整体も荒療治の施術が敬遠され、ソフトで体に優しい方法で施術する人が増えています。

とは言っても、まだまだハードな施術をする人も多いです。

ハードな施術といえば、首や体を捻ってボキボキ音をさせる方法ですが、熟練した人が行えばそれほど危険ではないかもしれません。

かし、肩こりの人でも頚椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症、後縦靭帯骨化症の人も中にはいますので、いくら熟練した人が施術を行ったとしても、危険性はゼロではありません。

ところで、「斉藤施療院」は開院して20数年が経ちました。

私も開院当初は、骨、関節に対する施術を行っていました。

と言っても、首や体を捻ってボキボキ音をさせる方法ではありません。

変位(ズレている)している関節に対しての施術です。

この方法ですと、ボキボキ音をさせる方法に比べて危険性はかなり低いです。

骨、関節に対する方法も施術が決まれば、少ない回数で症状が改善されることも少なくなかったです。

しかし、骨、関節に対する施術方法は、肩こりが慢性化した方には、効果がそれほど高くありません。

と言うのは、そういったケースでは内臓絡みの症状が多く、そちら(内臓)に対するアプローチをしていかなければ、肩こりの症状が改善していかないのです。

と言うわけで、自分でいろいろ研究しPRYバランス療法という施術法を考案しました。

この方法ですと、慢性化した症状も改善していくことが確認できました。

PRYバランス療法は、骨、関節に対して力を加える方法ではありませんので、危険性はゼロに等しいです。